トップページ

住宅ローンを研究せよ

夢のマイホーム、一軒家やマンションを購入する場合、やはり必要になるのは「住宅ローン」。それなりに資金を蓄えていても、やっぱりこれに頼る方がほとんどのはずですね。ここでは一生で一番大きな買い物ともいえる「家」を買うときに必ず利用する「住宅ローン」について、どのようなシステムを使うものなのかを解説します。

家を買う場合、大きく分けて3つの方法があります。それは住宅金融支援機構の「フラット35」「財形貯蓄による財形住宅融資」そして銀行の「住宅ローン」。「フラット35」とは、テレビでもCMで見かける、35年間「固定金利」で借り入れができる公的融資。そして「財形貯蓄による財形住宅融資」とは勤めている会社に「財形貯蓄」を行っていることで、さまざまな条件を満たせば使える公的融資です。

そして各銀行が行っている「住宅ローン」。またこれらには金利についても「固定金利」「変動金利」など金利面でも差があるもの。これらの「住宅ローン」についてしっかりとその特性、メリット・デメリットなどを知っておくことが夢のマイホーム実現には不可欠といえます。
なぜならどのローンを利用するか、金利を固定にするか、変動にするかといった選択の違いで、トータルで支払う額に大きく差が出ることもあるからです。

家を買う際に借り入れする額は決して小さな額ではありませんから、よくこれらのシステムについて研究しておくことで、よりスムーズに家を購入し、その後も安定して暮らす手助けとなるはずです。

Copyright © 2014 海外の定期預金 All Rights Reserved.